不妊症の改善お役立ち情報の最近のブログ記事

不妊のリスク喫煙との関係は?

子宮癌からの子宮摘出が怖い。

喫煙と癌の関係は肺癌・口腔癌他、多くの臓器の癌との関連が医学的に明らかになっています。

女性の場合一番恐いのは子宮癌の危険性です。

何といっても、胎児が育つ子宮を蝕む子宮癌は、子宮摘出のリスクを伴うからです。

また、喫煙によって血液の循環や代謝が悪くなり、体内の老化の原因にもなります。

代謝の悪い老廃物の溜まった血液が全身を巡るのですから、子宮も卵巣も栄養失調で健全な熟成した卵子が成長する可能性はどんどん低下してしまいます。

しかも喫煙しながらピルを常用していると、血液がドロドロになって血管が詰まりやすくなり、三大成人病のリスクが5~10倍にもなるといわれています。

さらに血液循環が悪いと、冷え性の原因となります。

喫煙は相当なリスクだった。

女性にとって腹部の冷えは、卵巣や子宮の機能低下にも繋がり、ますます不妊のリスクが高まります。

さらに、喫煙には月経不順や生理痛がひどくなったりすると、正常な排卵が行われなくなります。

さらに閉経が早まってしまってはお終いです。

閉経と同時に女性ホルモンの分泌終わり、卵巣も機能しなくなるわけです。

このように喫煙には不妊の原因リスクが盛りだくさんです。

夫婦共に常習喫煙者であった場合は、一層不妊リスクは高まります。

男性も精巣機能低下により、精子の数の減少や精子の生命力も弱くなるのですから不妊リスクは夫婦の喫煙相乗リスクで一層高まります。

このように、喫煙は体内のあらゆる細胞の老化に拍車をかけます。

もちろん子宮・卵巣だけでなく卵子さえも老化させ、子宮の着床率が低いだけでなく未成熟のまま排卵するので受精しても流産の可能性も高くなります。

子供が欲しいなら、今すぐにでも喫煙を止めることをお勧めします。

タグ

2014年6月 3日

ha1ya8mi9zu (11:54) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:不妊症の改善お役立ち情報

不妊治療で、漢方を飲んでから妊娠するまでかかる費用

漢方薬で体質改善。

漢方での漢方薬治療は、妊娠しやすい体に根本的に体質改善する方法です。

妊娠へと患者さんの望みを叶えるため、自然界の食材の栄養分で体を育てて、血液をサラサラにし、冷えを改善し、栄養たっぷりの血液を通して、血中のホルモン量を増加させる方法を通して、女性は卵巣を大きく成熟させ、健康な子宮内膜を構成し、男性は活発に動き回る精子の数を増加させます。

その結果、女性の体内で受精、着床に成功、妊娠させるのです。

気になる漢方薬治療の費用は?

漢方薬によって、生理周期を調節し、高齢の場合は卵子の若返りお必要になります。

漢方薬剤師の細かい問診によって患者さんの改善すべき問題を丁寧に探り、その問題を一つずつ解決していく方法で漢方薬を調合していきます。

そのために改善すべき問題の数に比例して費用も増加していきますが、毎月2~3万円ほどが平均でしょう。

しかし、症状が改善すれば体調に合わせて漢方薬の調合も変化していきますので、ずっとその金額とは限りません。金額がだんだん安くなっていくのが理想です。

また、漢方薬による処方で妊娠に成功するまでの期間は人によってさまざまですが、東洋医学の"血の道"の効果は、4ヶ月ワンクールの周期で現れます。

ですから漢方薬を飲み始めて3ヶ月もすれば効果が出始め、無月経や無排卵であったとしても、多くの場合2クールも飲み続ければ、月経も正常な排卵も始まるでしょう。

婦人科治療を並行していれば体外受精も着床率が高くなるので、漢方薬で妊娠しやすい体質づくりは重要です。

漢方薬と婦人科治療選ぶならどっち?

漢方薬を飲み始めて1年以内に妊娠数可能性は大きいでしょう。

婦人科での不妊治療は自己診療ですので、漢方を併用した体質改善治療は、費用を低く抑える効果も大です。

タグ

2014年6月 2日

ha1ya8mi9zu (12:11) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:不妊症の改善お役立ち情報

不妊に効果的な栄養素で体質改善

不妊に必要不可欠な「体づくり」

不妊治療には、妊娠機能が健康に働くような"妊娠しやすい体づくり"へと体質改善も重要です。

栄養の科不足が起きないように、主食(お米やパン等炭水化物)と主菜(肉・魚・大豆・卵・等蛋白質)と副菜(野菜・きのこ・芋・ミネラル・ビタミン他)等、1日30品目を目標にできるだけ多くの種類の食材摂取を心掛けましょう。

そして、1口30回噛むペースでゆっくり食べるのをお勧めします。

イライラしながら食事をしても栄養分は吸収されないので、楽しく会話をしながら、あるいは音楽を聴きながら食事をするのがお勧めです。

妊娠機能を助ける栄養素と働き。

また、特に妊娠機能を助ける下記栄養分は十分に摂取するように心掛けましょう。

その栄養素の働きと食材をご紹介しましょう。

  • ビタミンE:生殖機能を健全にする
    ナッツ・うなぎ・緑黄色野菜・青紫蘇・大根他

  • ビタミンB1:ストレス解消
    玄米・蕎麦・豚肉・大豆・シイタケ・モロヘイヤ・ソラマメ・枝豆・ニンニク他

  • ビタミンC:ストレス解消と免疫力向上
    レモン・キャベツ・レタス・ブリッコリー・アセロラ・ギャバ・果物他

  • 亜鉛:卵巣機能や女性ホルモンの働き向上
    牡蠣・ホタテ・豚レバー・鶏卵・ウナギ・ゴマ他

  • カルシウム:自律神経とホルモンバランス向上
    とうがらしの葉・ワカメ・モロヘイヤ・なずな・乳製品・小松菜・干しエビ

  • 鉄分:血液を造る、冷え性改善
    パセリ・タアサイ・ふだんそう・ホウレンソウ・小松菜・トウモロコシ他

  • イソフラボン:ホルモンバランス向上
    納豆・豆腐・豆乳製品・きな粉他

  • 葉酸:貧血・胎児の発育促進
    レバー類・ブロッコリー・玉露・枝豆・納豆他

どれも摂取しにくい栄養素ばかりです。
青汁やサプリメントで補うのもお勧めです。

タグ

2014年5月28日

ha1ya8mi9zu (11:19) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:不妊症の改善お役立ち情報

不妊の要因のひとつ、アルコールの過剰飲酒

妊娠前からアルコール摂取を控える。

"アルコールは胎児の大敵"は常識となっていますが、妊娠するためには"妊娠しやすい体作り"が何より重要であり、アルコールの過剰飲酒は妊娠するずっと前から大敵だということをご存知ですか?

アルコールの過剰飲酒によって、男性は"奇形精子の増加"・"勃起能力の低下"を引き起こし、精子の卵子への受精可能率を低下させます。

女性は"生理不順"によって排卵が不規則となり正常な排卵自体も行われなくなる可能性が大きくなることが報告されています。

肝臓がホルモンバランスを調節している!

また、アルコールの過剰飲酒により一番ダメージを受けるのは肝臓です。

そもそも肝臓は、過剰なホルモンをバランスよく調節する働きがありますので、ホルモンバランスが正常な働きをしなくなると精子や排卵にも大きく影響します。

男性は精子の数が減少し、女性は月経不順や排卵障害を起こしやすくなります。

つまりアルコールの過剰飲酒は、妊娠しにくい体づくりをセッセとしているといっても過言ではありません。

しかし、ホルモンバランスに影響を及ぼすのはアルコールの過剰飲酒よりも、日常生活のストレスの方が大きいでしょう。

"適量のワインは妊娠しやすくなる"という報告もあるように過剰なストレスを解消するのに適度なアルコールは効果的です。

アルコール摂取の目安は?

そこで、アルコールの過剰摂取の目安をここでご紹介しておきましょう。

1週間に飲むアルコールの量として、ビールなら中瓶4本以上、日本酒なら4合以上、ワインなら1.25本以上、ウィスキー水割ならシングル・ダブルとも4杯以上、焼酎お湯割りなら2.4合が目安です。

風呂上がりのビールや毎日の晩酌等毎日アルコールを飲む習慣のあるご夫婦は、週2~3回に改めることをお勧めします。

タグ

2014年5月26日

ha1ya8mi9zu (12:00) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:不妊症の改善お役立ち情報

不妊のイライラ解消術!ベスト10

ストレスの原因「イライラ」を解消!

不妊治療を始めてなかなか成果が出ないと不安が募りイライラし始めます。 そんな時の解消法をご紹介しましょう。

  1. 一人で不妊治療をしないこと

    夫の支えがあるだけで不安は減少し、イライラも少なくなります。

  2. 排卵日に意気込み過ぎないこと

    食事は日頃から気を付け、気負い過ぎずに"排卵日"でも普段と同じ生活を心掛けましょう。

  3. 不安はインターネットの掲示板で解消しましょう

    同じ悩みを持つ仲間を作って一緒にがんばりましょう。

    さまざまな情報も掲載されていますが、噂に惑わされないように情報を選択しましょう。

  4. 「がんばる」ではなく「流される」気持ちも必要

    諦めたら終わりではなく「流される」心のゆとりを持ってみましょう。

    がんばれなくなって不妊治療を止めてからストレスがなくて自然妊娠した人という人もいます。

  5. 人間は嫉妬・妬みをする生き物です。自分を嫌いにならないで!

    友人・知人の出産のお知らせを羨んだり妬んだりマイナス感情を持つのは、むしろ人間らしい感情なのです。

    妊娠したいなら自分を嫌いにならないようにしましょう。

  6. 夫婦仲良くする

    ご夫婦で楽しいことをたくさんしましょう。たくさん笑う生活が一番妊娠しやすい環境なのです。

  7. ヨガやスポーツをしましょう。

  8. 不妊治療一色の生活にしないこと。

    とにかく外に出て気分転換をしましょう。

    少なくとも毎日空を見上げると気分も変わります。

  9. どうしてもダメなら養子も選択肢に入れておくと精神的に楽になります。

  10. 不妊を不幸だと思わない

    子供を授かったときに必ず不妊治療をした経験が幸せを倍増させ、たとえ子供を授からなくても、不妊治療の経験は心の財産になると信じましょう。

    少なくとも夫婦の絆は強まったはずです。

タグ

2014年5月23日

ha1ya8mi9zu (15:35) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:不妊症の改善お役立ち情報

不妊症に、アノお茶の成分が効果ありってホント?

アノお茶のアノ成分の効果

"不妊に効果があるお茶"というと"タンポポ茶"と"ルイボスティ"の効果が大きいといわれています。

でも、"タンポポ茶やルイボスティを飲めば妊娠する"というのではなく、タンポポ茶・ルイボスティの効能が、妊娠しやすい体に男女とも体質改善してくれるのです。

それではまず"タンポポ茶"の嬉しい効能からご紹介しましょう!

夫婦で一緒にタンポポ茶

タンポポ茶は母乳が出やすい体質にしてくれるという効能が最も有名ですが、母乳が良く出るようになるということは、女性ホルモンが活発に働き始めるということです。

これは、タンポポのT-1成分がホルモン分泌を調節する脳の下垂体を活性化させるのでホルモン分泌を増加させ、さらに血液循環がスムーズになって冷え性改善効果もあります。

腹部冷え症は、子宮や卵巣機能を低下させますので、冷え性改善は子宮や卵巣の機能も高めてくれます。

その結果、タンポポ茶を飲み続けると、女性は血中の女性ホルモンが2倍に増え、卵巣まで運ばれて卵子が大きく熟成し、排卵も活発になるのです。

男性も精子の数が増え動きも活発になる効果を発揮しますので、成熟した大きな受精卵と元気で活発な動きをする精子が出会い授精・着床する可能性が高くなるのです。

つまり、タンポポ茶を飲み続けると男女とも妊娠しやすい体に体質改善されるというわけです。

また、ルイボスティを飲むと、ルイボスティに含まれるポリフェノールによって活性酸素を除去して卵子・精子のアンチエイジング化、亜鉛・鉄・セレン・ミネラル成分によって精子や卵子の質をよくする働きがあります。

これらのお茶の効果は、妊娠しやすい体に体質改善する効能があるので、夫婦一緒に飲んで不妊治療を成功させましょう。

タグ

2014年5月 2日

ha1ya8mi9zu (15:34) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:不妊症の改善お役立ち情報

このページの先頭へ